ブログ

住宅購入と賃貸のコストのイメージ

●今後50年以上生きるなら購入が安くなるケースが多い!

老後の貧困危機が社会問題となるなか、現役世代にもお金の不安が広がっています。


住宅選びの際にも、購入と賃貸ではどちらの方がコストがかからないのか、非常に気になるところだろう。


そこで見て頂きたいのがこのグラフです。

実はローンが完済するまでは、購入のほうが高いが長生きするほど購入のほうが安くなるのです。

●2000万円問題でも老後資金が足らない!?

「人生100年時代」と言われるほど日本人の寿命が延びる中、特に不安視されるのが老後貧乏や老後破産です。


事実、現役時代でも老後の不安を感じている人は8割に上り、不安の原因の上位は、健康面より経済面の理由が圧倒的に多くなっています。


そんな時代にあって、住宅を購入するか賃貸にするかを選ぶのではあれば、間違いなく購入のほうがオススメです。


というのも、長生きするのが前提ならば、購入した方が安く上がるケースが多いからです。


また、2019年ころからよく耳にするようになった「老後資金2000年問題」でも根拠となっている家計支出の
住居費内訳は1.3万円で、一般的な賃貸住宅をベースには考えていません。

一生賃貸で暮らそうとすれば、老後資金の
総額はさらに必要になる。もし老後の経済面に少し不安があるのなら、まず住居の購入を計画してみましょう。

関連記事

東玉垣の土地 550万円 絶賛売り出し中!

東玉垣で家族としあわせにくらす!地元で働くにも、名古屋・津へも便利です。お買い物も自転車で!お問い合わせお問い合わせ

創業社長の想い、健康促進住宅との出会い!

健康促進住宅(生体活性化住宅)との出会い。今から20年ほど前、巷には、シックハウス症候群(新築病)になるローコスト住宅があふれていました。同じ頃私自身も体調を崩し健康を求めて、さ迷っていました。そんな時にこの「健康促進住宅」を知り、早速横浜にある開発(発明)元のスカンジナビアホームへ家族と一泊体験宿泊に伺いました。スカンジナビアホームには全国から難病の方も含め何組もの方が来ており、その方たち

弊社には「愛犬家住宅」「愛猫家住宅」の専門家がいます。

https://t.co/gQZhOczShB愛犬家、愛猫家に皆さまへ大切なペットとの楽しく快適な暮らしをお望みではありませんか?NATURAL建築設計では「一般社団法人ペットライフスタイル協会」認定の「愛犬家住宅コーディネーター・愛猫家住宅コーディネーターが皆さまと一緒にペットと暮らすお家づくりのお手伝いをします。①ワンちゃん、ネコちゃんが心地よく感じる住まいとはどのような家?②ペット

無料 情報満載

家づくり準備BOX
無料プレゼント

「あなたの家づくりはどうだった?」「インテリア・間取り・ポイントが分かる」

詳しくはこちら