ブログ

住宅購入と賃貸のコストのイメージ

●今後50年以上生きるなら購入が安くなるケースが多い!

老後の貧困危機が社会問題となるなか、現役世代にもお金の不安が広がっています。


住宅選びの際にも、購入と賃貸ではどちらの方がコストがかからないのか、非常に気になるところだろう。


そこで見て頂きたいのがこのグラフです。

実はローンが完済するまでは、購入のほうが高いが長生きするほど購入のほうが安くなるのです。

●2000万円問題でも老後資金が足らない!?

「人生100年時代」と言われるほど日本人の寿命が延びる中、特に不安視されるのが老後貧乏や老後破産です。


事実、現役時代でも老後の不安を感じている人は8割に上り、不安の原因の上位は、健康面より経済面の理由が圧倒的に多くなっています。


そんな時代にあって、住宅を購入するか賃貸にするかを選ぶのではあれば、間違いなく購入のほうがオススメです。


というのも、長生きするのが前提ならば、購入した方が安く上がるケースが多いからです。


また、2019年ころからよく耳にするようになった「老後資金2000年問題」でも根拠となっている家計支出の
住居費内訳は1.3万円で、一般的な賃貸住宅をベースには考えていません。

一生賃貸で暮らそうとすれば、老後資金の
総額はさらに必要になる。もし老後の経済面に少し不安があるのなら、まず住居の購入を計画してみましょう。

関連記事

施主様の大切な家を守る 20年間の地盤保証サービスを!

近年、地震や大雨など自然災害が心配されます。自然災害の影響で液状化現象、地下水位の上昇問題など、地盤災害の深刻さもニュースなどで取り上げられるようになりました。大切な家が傾いてしまうとご家族の安全が脅かされ、家の財産価値が下がることになります。弊社の住宅を建設する土地の地盤は、一般社団法人ハウスワランティによって保証されます。一般社団法人ハウスワランティでは、施主様が安心していい家にお住

家族の健康と幸せは土地から! 埋炭による土地の地場改良で(イヤシロチに)

弊社では、「炭+セラミック素材」を施主様の住宅建設予定地に埋設することにより、土地の地場改良を行っています。この地場改良によって、施主様のお住まいを建てられる土地を、空気が清々しく清らかで、体はリラックスし、心も穏やかで“快適で居心地の良い土地”にします。“快適で居心地の良い土地”のことは「イヤシロチ」と呼ばれています。イヤシロチの語源は「弥盛地(やせいち)」と言われ、マイナスイオンが

「自然由来の断熱材」で健康で住みやすい住宅を実現! 断熱、調湿、防火、防音、防虫の性能が抜群!

大いなる自然が育んだ木質断熱材を使用世界水準の木質断熱材は、より快適な生活を創造します。木質繊維からできているセルロースファイバーという断熱材は、その繊維一本一本が持つ動かない気胞により、熱が逃げるのを防ぎ、「断熱」効果が得られます。木質繊維の持つ本来の性質による「調湿」「壁内結露防止」効果、含有されたホウ素系薬剤による「防火」・「防虫」効果、壁内に高密度で施工することによる「防音」効果も持っ

無料 情報満載

家づくり準備BOX
無料プレゼント

「あなたの家づくりはどうだった?」「インテリア・間取り・ポイントが分かる」

詳しくはこちら