駅やバス停に近い土地は・・・





2021年10月18日(月)


駅やバス停に近い土地は、

遠い土地と比較をすれば、

坪単価が高くなることが一般的です。


そのため、購入価格が高くなるため諦めがちですが、

実は、バスや電車などの公共交通機関を利用しやすい立地は、

自家用車の利用割合を減らすことができます。


エネルギー・コストの将来的な上昇を考えても、

「足」の便利な立地が、賢くトクする選択です。


さらに、自家用車の維持費は、

車両価格が200万円の車を購入し7年間乗り続けると仮定した場合、

税金や保険、車検費用などを含めると、

年間約50万円かかるとも言われます。



現在では、1つの家庭で2台を所有する方もおおくいらっしゃるでしょう。

所有車を2台から1台にしても、利便性がよければ、

それほど苦になりません。


そのように考えると、土地代が多少高くとも、

トータル的なコストは安くすることもできます。