間取りの考え方②





2021年9月13日(月)


間取りをつくる際には、家具の配置が大切です。



例えば、


結婚した時に買ってもらった家具。

家電製品。

ソファー。

ダイニングテーブル。


など・・・



今の自宅にある家具を書き出し、新居に持っていくかどうかの判別をします。

また、新居に置きたい家具なども書き出しておきます。


書き出したら、

判別をした家具や購入したい家具をどの部屋にどのように配置するかを考えます。


家具は見える場所におくか、目のつかない場所に配置するかによって、

収納スペースやその大きさ、納戸の有無などが決まってきます。



これらを考えずに、間取りを作ってしまうと、

せっかくの新居のイメージにそぐわない家具が見えてしまったり、

配置がうまくいかず、使いづらい部屋になってしまうことになります。


家具の配置も考えながら、

プランづくりをすることが大切です。