住宅密集地でも開放的な住まい

周辺環境が、北側道路で、その他の⽅位は住宅に囲まれていて、近隣住宅の距離が近い、どちらかと⾔えば環境が良くない⽴地でした。お施主様のご要望として、明るく開放的な住まいを理想としていましたので、近隣からの視線を出来るだけカットできるように中庭を作りながら、南側に建つ住宅からの影の影響を受けにくい位置にLDKを配置することで明るい住宅を⽬指しました。

近隣からの視線をカットすることで中庭に⾯する部屋には⼤きな開⼝を設けることができ、明るさを確保するようにしています。また、吹き抜けを設けることで⼆階からの採光によりLDKが明るくなるように計画しました。⼆階のホールとも繋がる吹抜け空間からの明るさが、朝寝室から出たときに、爽やかに感じる事が出来るようにしています。また、中庭をLDKと洋室、⽔回りで囲むことで、中からは外の空間も含めて広がりを感じるようにしています。

中庭を作ることで⽣活動線が⻑くなることが多いですが、階段の位置を⼯夫して2階のプライバシー空間から1階⽔回りの距離を近くし、朝の準備もスムーズに⾏えるようにしています。1階にはファミリークローゼットや洋室の予備室を配置することで、将来的には1階のみで⽣活できるような間取りにし、⽣活が楽になるような工夫を。

依頼時当初は3つの素材を利⽤したいとの要望がありましたが、北側道路からのファサードしかないことで、雑然とならないように、素材を2つに限定しよりシンプルに、⽴体感が出るように上下で凹凸をつけて、インパクトのある外観を⽬指しました。外観はモダンで閉鎖的な雰囲気も室内に⼊ると明るく開放的な空間への変化が、プライバシーの守られた⼼地よい住まいとなるように計画しました。

 パンフレット無料進呈中


ちょっとカッコ良い家づくり。

NATURAL建築設計の家づくりが良くわかる冊子を
​無料でプレゼントしております。まずはこの1冊からはじめてみませんか?
concept-title01.png

CONTACT

どんなことでもお気軽にお問い合わせください!

Tel_ 059-373-5580

btn-endbnr.jpg

営業時間 : 9:00~18:00